京都・烏丸御池の隠れ家で牡蠣×和牛×クラフトビールを堪能。三条食彩ろぉじ内「菜の雫」(さいのしずく)

感性が芽吹く、和洋折衷の創作フレンチ

心と身体が悦ぶひと皿を目指して

牡蠣と和牛、クラフトビール

烏丸御池駅から三条堺町を下り左手、風情のある路地を入った手前に佇む隠れ家「菜の雫」 牡蠣×和牛×クラフトビールのマリアージュを堪能できるのは、京都においてここだけ。
独創的な発想で紡がれる創作料理は、美味しいだけでなく栄養バランスもしっかり考えられており、まさに“心身が悦ぶ極上体験”を体感できます。美しさと旨さが両立した、まさにここでしか味わえないひと皿をご堪能ください。

隠れたクラフトビールの聖地、京都

近年、続々とお洒落なブルワリーが増えている京都は、クラフトビールのメッカになりつつあります。
京都で磨かれた感性で提供される、こだわりのラインナップ。
京都・滋賀の地ビールをはじめ、普段あまり手が出ないような銘柄を常時7種取り揃えています。

菜の雫 のお料理

希少な白い卵を使用した、ランチ限定『白いオムライス』

米や発酵食品など、30種の餌を食べて育った鶏から取れる「白い卵」卵黄まで白い、不思議で希少な卵です。
純白のオムライスは、ザクロ酢のドレッシングとイクラの差し色がアクセント。
この芸術的なひと皿は、菜の雫でしか食べられない人気メニューです。

シーンに合わせた多彩なディナーコース

夜のコースは、女子会や宴会向けのプランから、接待や記念日に相応しい贅沢なプランまで幅広くご用意。
趣向を凝らしたオリジナリティ溢れるコースは、シェフのポリシーを徹頭徹尾感じられる完成度です。
お腹も心も満たされる、至福の体験をどうぞ。

アンティーク家具に囲まれて…

シェフの独創的なセンスは料理だけに及ばず、その空間にも。
味はもちろん、インテリアでも癒しを提供します。
全17席の店内は、1階がカウンター、2階がテーブル席。
こだわって収集したアンティーク家具で、非日常なひと時を過ごすことができます。

京の隠れ家レストラン「菜の雫」について

添加物をできるだけ排し、何を食べても何を飲んでも健康的になれる料理を提供する。そんな健康的な食材へのこだわりを《菜》という字に、一滴一滴時間をかけて良い料理とお店を作っていきたいという願いを《雫》という字に込めて「菜の雫」は誕生しました。祖父と父から受け継いだ料理人のポリシを胸に、常に時代に合わせ感覚をアップデートしている松島シェフ料理人のプロフィールと店の生い立ちをご紹介します。

ONLINE SHOP